*

炭水化物の奴隷

公開日: : 最終更新日:2022/08/05 身体の中から改善する

白米のご飯を制限する食生活になって、もう随分になるなぁ~

基本的には土日以外は白米は食べない生活が続いている。菓子パンも止めてかなり経つけど、炭水化物が0って訳ではない。

昼食に活用しているイオンのライトミールブロックにも炭水化物は入っているしね。

 

 

意識的になるべく炭水化物と糖類を避けてはいるけど、完全に無くす訳にはやはりいかない。

そこまで徹底出来るもんなのか判らないけど、そこまで減らすと何かしらの弊害も出てくるのかもしれない。しかしながら、炭水化物を意識的に避ける事のへ効果は絶大なものが有るのは、しみじみ実感してるとこ。

 

このコギコギマシーン(クロストレーナー)でゼーハーしながら手足を20分間バタバタとさせても消費カロリーは、ご飯一杯分程度。

有酸素運動の効果はそれだけではないんで、やるんですけどね。

それを考えると、ある程度のデブになってしまった場合、日常生活の中で多少の運動を取り入れるだけでは効率が悪過ぎる。

 

そんな訳で炭水化物を避けてはいるのだけど・・。

 

 

コギコギしながらの自撮り。

立っている姿勢だと腹回りの浮き輪は目立ちづらいな。

週末の土曜日、子供の要望で久々に悪魔のささやきの聞こえるすき家へ・・。

誘惑のカレーライス。

魅惑のメガ盛りに手を出してしまう・・。

豚汁までつけて。

旨い。

いつも炭水化物を制限しているからかもしれないが、メチャクチャ旨く感じる。当然の事ながら完食したが、やはり制限の効果なのか、かなりの満腹感。

そして幸せな満足感。

やはり、自分は未だに炭水化物の奴隷なんだなぁ・・とつくづく感じる。

炭水化物や糖類って、この満足感と言うか、食べて幸せ~みたいな感覚が強いからか、何度もダイエッターの前に立ちはだかるって事なんだろうね。多分。

この本能に密接した欲望に抗おうとするんだから炭水化物や糖類の制限って難しいんだろうね。

まぁ、でも結局は食べ過ぎなければ良いってだけの話し。

炭水化物も糖類も身体には必要なものだしね。

結局は奴隷になってしまうのは自分の意識次第ってトコですかねぇ?

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


腋臭症 ブログランキングへ

グーグルアドセンス




関連記事

自信が有るか無いかで人生決まる

・・・様な気がしてきたぁ! チョッと大げさな物言いですが、どんな事でも自信が有ると、物

記事を読む

空腹に耐える2

ものは試し。 果たして意図的に空腹時間を作る事でダイエット効果が得られるのか? 空腹の16時間でチ

記事を読む

人工甘味料に慄く

最近のニュースの中にかなり気になる内容のものが有ったんだけど。 それは人工甘味料の話し。 人工甘味

記事を読む

運動はメンタルに効く

またまたオモシロそうな本を発見しました。脂クサいオッサン臭を撃退する事を実践していくうちに運動が

記事を読む

もしかしたら納豆効果

何度かここにも書いているけど血圧が高い状態が多分、10年以上は続いていた。年齢を重ねるごとに血圧は下

記事を読む

デブでも必須アミノ酸3

前記事で運動と無縁だったデブ(私)が何とプロテインに手を出した事を記事にしましたが、今までプロテ

記事を読む

歳を取ればとるほど2

恥ずかしくて特に体重は公開してはいないけど今朝計ったら88㎏だった。 リバウンドって感じとは思って

記事を読む

体重が減らなくなってきた

何でなんだろなー 去年の今頃に比べると体重がどうも落ちづらい。 先週の

記事を読む

ハグもできない

もうかなり前の話しになる。 子供ができてから自然とセックスレスになってしまう夫婦の話

記事を読む

早速なんだけど

マクロ管理法の準備に取り掛かる。 あまり細かく考えると前に進まないので、ザックリな感じでタンパク質

記事を読む

グーグルアドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

グーグルアドセンス




寒さに負ける冬

毎年毎年、同じ事で悩んでいる気がするな。 気温が10℃も有ると自転車

新春ラーメーンの誘い

先週の都内ライドはポタリングだと言うのに三日程度は太ももに微妙に筋肉

新春オッサンズライド2023

成人の日で飛び石の正月休みが全て終了した感じ。 正月休みって言うと親

喉のつかえとストレス

小学生の頃から小心者でビビりな性格は、50代のオッサンになった今でも

人工甘味料に慄く

最近のニュースの中にかなり気になる内容のものが有ったんだけど。 それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑