*

炭水化物の奴隷

公開日: : 最終更新日:2022/08/05 身体の中から改善する

白米のご飯を制限する食生活になって、もう随分になるなぁ~

基本的には土日以外は白米は食べない生活が続いている。菓子パンも止めてかなり経つけど、炭水化物が0って訳ではない。

昼食に活用しているイオンのライトミールブロックにも炭水化物は入っているしね。

 

 

意識的になるべく炭水化物と糖類を避けてはいるけど、完全に無くす訳にはやはりいかない。

そこまで徹底出来るもんなのか判らないけど、そこまで減らすと何かしらの弊害も出てくるのかもしれない。しかしながら、炭水化物を意識的に避ける事のへ効果は絶大なものが有るのは、しみじみ実感してるとこ。

 

このコギコギマシーン(クロストレーナー)でゼーハーしながら手足を20分間バタバタとさせても消費カロリーは、ご飯一杯分程度。

有酸素運動の効果はそれだけではないんで、やるんですけどね。

それを考えると、ある程度のデブになってしまった場合、日常生活の中で多少の運動を取り入れるだけでは効率が悪過ぎる。

 

そんな訳で炭水化物を避けてはいるのだけど・・。

 

 

コギコギしながらの自撮り。

立っている姿勢だと腹回りの浮き輪は目立ちづらいな。

週末の土曜日、子供の要望で久々に悪魔のささやきの聞こえるすき家へ・・。

誘惑のカレーライス。

魅惑のメガ盛りに手を出してしまう・・。

豚汁までつけて。

旨い。

いつも炭水化物を制限しているからかもしれないが、メチャクチャ旨く感じる。当然の事ながら完食したが、やはり制限の効果なのか、かなりの満腹感。

そして幸せな満足感。

やはり、自分は未だに炭水化物の奴隷なんだなぁ・・とつくづく感じる。

炭水化物や糖類って、この満足感と言うか、食べて幸せ~みたいな感覚が強いからか、何度もダイエッターの前に立ちはだかるって事なんだろうね。多分。

この本能に密接した欲望に抗おうとするんだから炭水化物や糖類の制限って難しいんだろうね。

まぁ、でも結局は食べ過ぎなければ良いってだけの話し。

炭水化物も糖類も身体には必要なものだしね。

結局は奴隷になってしまうのは自分の意識次第ってトコですかねぇ?

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


腋臭症 ブログランキングへ

グーグルアドセンス




関連記事

腸内フローラ 口内フローラ 肌フローラ

関東は梅雨が明けたってのに、台風やら何やらの影響で荒れ模様。来週からまた強烈に暑くなるらしいので

記事を読む

ビフィズス菌B-3はホントに痩せ菌か

前記事でビフィズス菌B-3とガセリ菌サプリを半年間は続けて試してみるって書いたけど、やはり期待が

記事を読む

ビフィズス菌B-3とガセリ菌

今までに様々な乳酸菌やビフィズス菌サプリやらヨーグルトを摂って来ましたが、いよいよもってダイエッ

記事を読む

デブでも必須アミノ酸4

自転車漕いだ後は84kg台に突入しますが、また直ぐに戻ります。現在ほぼ85kg台で推移な

記事を読む

おっさんずライド

先週末の祭日、久々にポタリングに誘われる。私と同じ様な年代のメンバー構成で比較的弛めなライド。 こ

記事を読む

海外サプリの見直し

今週はコロナワクチン3回目接種って事で、運動はジム1日だけ。 いつものペースの半分って感じだけど、

記事を読む

酵素が体臭に効く

酵素ドリンクや酵素サプリは健康増進というよりはダイエットや美容の為に飲むものだとばかり思っていま

記事を読む

世界一伸びるストレッチ

世界一伸びるストレッチ この人の本を買うのは二度目です。 一度目に買った本は

記事を読む

プロテインと腸内環境

このブログのメインテーマは体臭の改善なんだけど、デブでは脂クサさや加齢臭はなかなか消えないって事で

記事を読む

久し振りのロングライド

自転車を体臭改善とダイエット目的で使う様になって久しいけど、何方かと言えば一人で走る事の多かった

記事を読む

グーグルアドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

グーグルアドセンス




認めたくない傾向

いよいよもってジムとお別れ。 暫くは来られなくなるので9月末での

自分にご褒美

車が無くなってから3週間くらいか・・。 相変わらず自転車で移動してい

久しぶりの自転車

駅まで2㎞程度の通勤チャリ以外で乗るのは久しぶり。 しかし今日はロー

状況悪化

人生、谷有り谷有りで一寸先の状況はどうなるのか分からない。 しかも今

意外と歩いていない

仕事で都内へ通勤している。 テレワーク全盛のご時世なんだけど仕事柄と

→もっと見る

PAGE TOP ↑