*

炭水化物の奴隷

公開日: : 最終更新日:2022/08/05 身体の中から改善する

白米のご飯を制限する食生活になって、もう随分になるなぁ~

基本的には土日以外は白米は食べない生活が続いている。菓子パンも止めてかなり経つけど、炭水化物が0って訳ではない。

昼食に活用しているイオンのライトミールブロックにも炭水化物は入っているしね。

 

 

意識的になるべく炭水化物と糖類を避けてはいるけど、完全に無くす訳にはやはりいかない。

そこまで徹底出来るもんなのか判らないけど、そこまで減らすと何かしらの弊害も出てくるのかもしれない。しかしながら、炭水化物を意識的に避ける事のへ効果は絶大なものが有るのは、しみじみ実感してるとこ。

 

このコギコギマシーン(クロストレーナー)でゼーハーしながら手足を20分間バタバタとさせても消費カロリーは、ご飯一杯分程度。

有酸素運動の効果はそれだけではないんで、やるんですけどね。

それを考えると、ある程度のデブになってしまった場合、日常生活の中で多少の運動を取り入れるだけでは効率が悪過ぎる。

 

そんな訳で炭水化物を避けてはいるのだけど・・。

 

 

コギコギしながらの自撮り。

立っている姿勢だと腹回りの浮き輪は目立ちづらいな。

週末の土曜日、子供の要望で久々に悪魔のささやきの聞こえるすき家へ・・。

誘惑のカレーライス。

魅惑のメガ盛りに手を出してしまう・・。

豚汁までつけて。

旨い。

いつも炭水化物を制限しているからかもしれないが、メチャクチャ旨く感じる。当然の事ながら完食したが、やはり制限の効果なのか、かなりの満腹感。

そして幸せな満足感。

やはり、自分は未だに炭水化物の奴隷なんだなぁ・・とつくづく感じる。

炭水化物や糖類って、この満足感と言うか、食べて幸せ~みたいな感覚が強いからか、何度もダイエッターの前に立ちはだかるって事なんだろうね。多分。

この本能に密接した欲望に抗おうとするんだから炭水化物や糖類の制限って難しいんだろうね。

まぁ、でも結局は食べ過ぎなければ良いってだけの話し。

炭水化物も糖類も身体には必要なものだしね。

結局は奴隷になってしまうのは自分の意識次第ってトコですかねぇ?

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


腋臭症 ブログランキングへ

グーグルアドセンス




関連記事

メンタルが弱いからデブになったのか?デブだからメンタル弱いのか??

勿論これは、どこぞの誰かの事ではなく、私自身の事。 幼少の頃から豆腐なメンタルは自認してた

記事を読む

体重減少スピードの鈍化

ここに来て体重減少のスピードが少し遅くなってきた。 まだまだ全然80㎏台なんで、何とか落としたいと

記事を読む

目的はダイエットなんだけど2

今週もペダル漕ぎのクロストレーナーを漕ぎこぎ。 やはりランニングマシンよりカロリー使う気がする。自

記事を読む

ゼロトレを試してみる

雀の涙程度のお盆休みを得ていたので、その間は通常よりは身体を動かせると思っていたのですが強烈な暑

記事を読む

乳酸菌が人類を救う?

痔の手術を半月前くらいにした訳ですが、手術をする前に胃と腸を空っぽにする必要が有りました。最終的

記事を読む

トマトジュースチャレンジ

コロナのワクチン接種で運動出来ない一週間が過ぎた。何だか時間が勿体ない様だけど久々に寝てばかりの週

記事を読む

レーパン問題

オリンピックの閉会式も無事終わった様で良かった良かった。 なかなか感動的な演出のフィナーレでした。

記事を読む

なんにも続かない

前記事で、自信が有るか無いかで人生決まるって事を書いた。 チョッとオーバーな表現かもしれま

記事を読む

スポーツジム2週目

入会して2週目だけど、結局平日に行くのは難しく仕事帰りには1度も行けてない。 週末にまだ4回しか行

記事を読む

はぁ~ダメダメ

気管支炎は、ほぼ完治してるし何時でも運動出来る状態なのに殆ど運動していない。 2㎞位の短いジョギン

記事を読む

グーグルアドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

グーグルアドセンス




目指しているものがそもそも違う

自転車に乗りたいけど、朝5時の時点でも照り付ける太陽に尻込みして

炭水化物の奴隷

白米のご飯を制限する食生活になって、もう随分になるなぁ~ 基本的には

プロテイン腎臓肝臓論争

偶然、運動時などに摂るプロテインが実は腎臓や肝臓にダメージを与えると

飽きが来る

保健士のおばちゃんから電話が有った。 毎年の勤め先の健康診断で総合判定

家族全員デブ2!

それにしても恥ずかしいタイトルだなホント。<p>私自身デ

→もっと見る

PAGE TOP ↑