*

プロテイン腎臓肝臓論争

公開日: : 最終更新日:2022/07/29 身体の中から改善する

偶然、運動時などに摂るプロテインが実は腎臓や肝臓にダメージを与えると言う記事を見つけた。

私も1年以上前から粉末のプロテインを愛用してるし、チョッとどんなものなのか心配になって色々と記事を検索してみた。

まったく知らなかったのだが、この論争自体は数十年前から有って随分と歴史が有る。

 

簡単に言えば、プロテイン否定派は人間の身体のシステムによってタンパク質は合成されて、激しい運動や筋トレをしたからと言って特にプロテインを余計に摂取する必要はない。普段食べる肉や魚等で十分である。粉末やゼリーに加工されたプロテインは肝臓や腎臓を疲弊させてしまう恐れが有るとしている。

肯定派の意見とすれば、例えば腎結石等のの危険性が高まったりするのは、体重1kg当たり2.8g以上のタンパク質を毎日摂取とか、尋常ならざる量を摂った場合なので常識的な摂り方をしていれば問題は起きないと言う意見が多い。

否定派の意見も肯定派の意見も、其々一理あるかなとは思える。

もしホントに危険なのなら、摂取目安は厳重になっていくのではないかと思う。この論でイクとEAAやBCAAや各種スポドリとかも間接的には関係してくるのかもしれない。

 

 

今週も恥ずかしい自撮りを一枚。果たして私の様なデブでもプロテインの効果は出ているのであろうか?

まだまだ短い期間しか使っていないので何ともだが、今まで使った感じでは効果を感じている。特に自転車で長時間ライドを行った後などには結構ハッキリした効果を体感する。

この論争には未だに決着が付いている様には見えないが、今のところ消費者側の判断に任されている以上は尋常じゃない量を摂取したり、無茶な摂り方はするべきではないって事ですよね。

要は程度の問題。

日常食べる食事にしろ、サプリメントにしたって大量に摂れば害が出るハズ。

自分の身体と運動量と相談して腎臓や肝臓が疲弊してしまう様な量と摂る事は慎むべきかと思うな。なんせ腎臓も肝臓も静かな臓器って言われているからねぇ~。健康の為に時間とお金を使って運動しているのに、病気になってしまったなんて事になったらアホみたいだよねぇ。

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


腋臭症 ブログランキングへ

グーグルアドセンス




関連記事

走ってみる

前の日曜日の話しだが、自転車で走らずに、自分の脚で走ってみた。要はジョギングって事なのですが。

記事を読む

ビフィズス菌B-3とガセリ菌

今までに様々な乳酸菌やビフィズス菌サプリやらヨーグルトを摂って来ましたが、いよいよもってダイエッ

記事を読む

自分で自分を守る

オッサン臭と脂臭さで様々なコミュニケーションに支障を来した経験から、精神的に追い詰められる事も経

記事を読む

自信が有るか無いかで人生決まる

・・・様な気がしてきたぁ! チョッと大げさな物言いですが、どんな事でも自信が有ると、物

記事を読む

去年からの目標体重

前回、保健士の先生には目標体重75㎏を達成するハズです・・とか自信満々に言ったのだが結果的には全く

記事を読む

コストパフォーマンスサイコーな乳酸菌を発見する

まぁ日常ストックしている事が多い一般的な乳酸菌サプリには負けるのですが、内容からするとコストパフ

記事を読む

デブにはデブがよく判る2

なかなか乗る機会を作れずにいたのですが、約1ヵ月ぶり位にマウンテンバイクに乗りました。 距

記事を読む

筋肉が悲鳴を上げた日

風の強かった日曜日、いつもは江戸川や利根川を内陸方向に走る事が多いのですが、今回は逆に海に向かっ

記事を読む

半年間、筋トレして判ったことは

まだまだ全然デブなのは変わりないんですけどね。 加齢臭や脂臭さの改善に運動を加えて随分経つけど、筋

記事を読む

ささやかな楽しみ

今年もあと一週間程度で終わりなんて、何だか信じられない気持ち。 スポーツジムに通う様になって約二か

記事を読む

グーグルアドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

グーグルアドセンス




認めたくない傾向

いよいよもってジムとお別れ。 暫くは来られなくなるので9月末での

自分にご褒美

車が無くなってから3週間くらいか・・。 相変わらず自転車で移動してい

久しぶりの自転車

駅まで2㎞程度の通勤チャリ以外で乗るのは久しぶり。 しかし今日はロー

状況悪化

人生、谷有り谷有りで一寸先の状況はどうなるのか分からない。 しかも今

意外と歩いていない

仕事で都内へ通勤している。 テレワーク全盛のご時世なんだけど仕事柄と

→もっと見る

PAGE TOP ↑