*

デブにも優しいサイクルジャージ

公開日: : 最終更新日:2021/09/03 身体の中から改善する

それにしても、クソ暑い。

サイクリングロードは徐々に秋っぽい雰囲気になりつつあるんだけど気温だけは俄然高いままだ。早く涼しくなってほしいもんだ。

 

今回はピーカンではなかったが、それでも焼ける。日焼けをしないように首の後ろすらも露出しない様に完全防備の人も見掛ける。女性はこのスタイルの人は意外と多い。長袖に長パンは当たり前でサングラスにマスクも付けているので全く肌の露出部分が無い。

 

生地は薄いポリエステルが殆どなんで、肌を露出しているよりも涼しいとは思うけどね。この時期の私のスタイルは半袖半パンタイル。

 

この間から着ているパールイズミのワイドサイズサイクルジャージも半袖。

走りながら自分の股間を激写。

あー恥ずかしい。

 

早くまともな体型になりたい。

ホントはもう少しジャージが写る様にしたかったんだけど失敗。ムチムチな下半身がメインになってしまった。

 

サイクルジャージと言えば肌にピッタリと密着して風の抵抗を無くすスタイルが多くデブには敷居が高すぎて着れたものではない。

ボンレスハム状態。とてもじゃないが人様に披露するには相当な覚悟がいる。ジムにもデップリとした巨体を加圧シャツで包んで登場する人を見掛けるが正に羞恥プレー以外の何物でもない。

一体どういう心境なんだろな?

 

朝食は揚げ鳥だけにしといた。

 

私は人様にボンレスハム状態の身体を披露するほどメンタルがタフではないので、このジャージに出会えてホント助かった。

私が購入した時は、かなり品薄状態だったけどね。

ベーシックフィットより胴回りだけ太めに出来ているワイド設定は、もしかしたらパールイズミだけかもしれない。

パールイズミのwebサイトを見るとワイド設定はジャージだけでは無さそうだ。

一流メーカーにも拘わらずデブにも優しい商品設定。素晴らしいとしか言い様が無い。

このワイド設定のジャージを着て、何れ普通サイズのジャージが着れる様にガンバればイイって話しだよね。

 

 

パールイズミ

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


腋臭症 ブログランキングへ

グーグルアドセンス




関連記事

効果の出ないダイエットは虚しい

オヤジ臭の撲滅と共に身体を絞ってデブから脱却しようと目論んで自転車による運動も始めて1年くらい経

記事を読む

身体が軽い

実際には体重に大した変化は無いし、見た目も殆ど変化していないんですけどね。  

記事を読む

一度クサいと思われると、その後も避けられる事になる。

ニオイが人に与える心理的影響はデカい。過去には、この事に随分と苦しめられてきたけどね。

記事を読む

脚がつる

一カ月くらい、自転車に乗らずにいたんだけど、久々に数人のグループライドに参加。暫く走っていなかった

記事を読む

痩せてきた感じが・・

体重に大きな変化は無い。 じゃ何で痩せて来たと感じるか? みゆきひろしさんによるイラス

記事を読む

欲望渦巻く夏祭り

やっぱ異常気象なんでしょうね。関東でも強烈な暑さが続いています。 朝の通勤ラッシュ時。学校

記事を読む

難消化性デキストリン試して一カ月

難消化性デキストリンを飲み始めて約1ヵ月が経過。 トウモロコシから抽出されるデンプンの一種

記事を読む

やはりストイックに身体と向き合うしかないのか

私の体臭改善計画として運動を取り入れていく事は過去記事に書いていますが運動自体は意外と順調に効果

記事を読む

いよいよもって・・

自分でも信じられないが、いよいよもってオッサンからおじいさんの年代に差し掛かりつつあるのが怖い。

記事を読む

如何に運動を日常の中に組み込むか

未だにデブ領域な私は運動すると1kg~位の体重の増減はアタリマエに有ります。しかし、それは水分な

記事を読む

グーグルアドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

グーグルアドセンス




デブはなるべくしてデブになる

自分がデブで、それを何とかしたいと考えている人にとっては、自分以外のデ

1000kcalダイエットは1週間でも効果有る

まぁ、当たり前っちゃ当たり前の話しなのかもしれない。 特に私の様

最近よく目に留まる1000kcalダイエット

ホントに1日に僅か1000kcalだけで生きていけるんだろうか甚だ疑

ニューEAA投入

それにしても金が掛かるなぁ~ 自転車に乗る時に持って行くスポドリも以

乳酸菌 生きてるか死んでるか問題

オッサン臭撃退の一環として始めた腸内環境の改善は既に10年ちかくもや

→もっと見る

PAGE TOP ↑