*

控えめにレーパンデビュー

公開日: : 最終更新日:2021/08/14 身体の中から改善する

ジムに通う様になってから自転車に乗る機会は激減してたんだけど、少し早起きして行けば自転車に行ってからジムにも行けるのではないかと思い実行に移してみた。

 

準備を済ませて5時半には家を出た。

この時期は当然この時間帯なら十分明るく交通量も少ないので快適。梅雨時期の、ほんの数時間、雨が降っていない間を狙って出掛けたのだが暑過ぎずに快適だ。

さいたま市から千葉の野田まで行き、そこから江戸サイに入る。

 

気持ちいい~

時間が早い事も有ってロードバイクもジョギングやウオーキングしている人も殆どいない。

ジムで目的意識を持って黙々とこなすのも、それなりに楽しいけど、やっぱ自転車の方が時間も掛かるけど楽しい。しかし久々に乗ったからかスピードが出ず30㎞/h以上では巡航できないで直ぐにスピードが落ちてくる。

4時間程度で80㎞位の距離を走る予定なのだが、やはりいくらジムに通っていたとは言え、使う筋肉が違うのでダメなのか?

 

自転車に乗る時は、いつも朝食は食べないで出掛ける。そして帰り際20㎞位残したところでコンビニに寄るのが常だったんだけど、今回は寄らずに家まで戻って来た。

唯一、ジムに通う前との違いは、何故か途中で朝食を食べなくても平気だったって事。いつもだったら、途中でお腹が空いてしまって家まで持たなかったんだけどね。

ボトルにはBCAAをいれて持って行った以外は途中で缶コーヒーを一本飲んだだけ。

 

しかし結局は家に着いてからジムに行く事はしなかった。

予想以上に身体が動かない事に気が付いて更にジムで1時間やる気力は残っていなかった。

今回、初めてレーパンをはいてロードバイクに乗った。レーパンはロードバイクに乗るには機能的で定番なパンツなのだが当然のごとくデブでは履けない。今まではMTBで履く緩めのパンツを履いて誤魔化していたのだが、今回、意を決して履いてみた。

まだまだ、全然デブには変わりがないので、お見せできる様な体型にはなっていないが、何とかレーパンが様になる体型になりたいもんである。

 

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


腋臭症 ブログランキングへ

グーグルアドセンス




関連記事

ストレッチポールは意外とスゴイ

私が買ったのは、こんなやつ。 人生折り返し地点近くなって初めて買ったが、なか

記事を読む

乳酸菌が生きたまま腸に届くって?

だいぶ以前の事ですが体臭を改善しようとして整腸剤の存在を思い付き、飲み始めた時には下痢をしたり、お腹

記事を読む

ビフィズス菌B-3とガセリ菌

今までに様々な乳酸菌やビフィズス菌サプリやらヨーグルトを摂って来ましたが、いよいよもってダイエッ

記事を読む

最新のランニングシューズはデブにも有効♪2

このONという聞きなれないメーカーのランニングシューズをダイエットの為に無理してジョギングして膝を

記事を読む

自分のニオイに無頓着な人々

今週末にも台風が関東に接近する事も有り昨日までの殺人的な猛暑から気温は若干下がって来ました。30

記事を読む

今までにない心境

自分の体臭により誰ともスキンシップが取れないという絶望的な思いと、何かにつけ、どんな場面で

記事を読む

目的はダイエットなんだけど

デブが運動しないで歳を取ってくれば、加齢臭と脂クサさで後ろ指を指される様な老人になりか

記事を読む

人間観察

一都三県に緊急事態宣言が発令されてから、成人の日入れた三連休となって、その三日間は全てジムに行った

記事を読む

生き残る為の欲望

朝の通勤ラッシュに揉まれながら窓上のデジタルサイネージで、ここ最近目に付いていた番組広告にバチュ

記事を読む

赤や黄色の液体

コギコギマシーンのクロストレーナー、20分で400cal超える様になってきた。ランニングマシンよか

記事を読む

グーグルアドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

グーグルアドセンス




デブはなるべくしてデブになる

自分がデブで、それを何とかしたいと考えている人にとっては、自分以外のデ

1000kcalダイエットは1週間でも効果有る

まぁ、当たり前っちゃ当たり前の話しなのかもしれない。 特に私の様

最近よく目に留まる1000kcalダイエット

ホントに1日に僅か1000kcalだけで生きていけるんだろうか甚だ疑

ニューEAA投入

それにしても金が掛かるなぁ~ 自転車に乗る時に持って行くスポドリも以

乳酸菌 生きてるか死んでるか問題

オッサン臭撃退の一環として始めた腸内環境の改善は既に10年ちかくもや

→もっと見る

PAGE TOP ↑